1月15日

朝から植田さんと難波さんが包丁2本を昼迄かけて研ぎ上げる。私の玉鋼なので良く斬れる。明日位には娘に頼んでネットに載せて内弟子の作として販売したいと思っている。植田さんは刀を造る以前に鍛錬を兼ねて包丁造り、難波さんは明治時代より無くなった玉鋼製の包丁復元を目指して頑張っている女性である。いずれにしても私の所は日本産砂鉄の玉鋼を使って包丁造りをしており最近弟子作も注目をされている。是非女性の方にも使って欲しいものである。