日本刀包丁の注文について


 自分で砂鉄から玉鋼を作り、日本刀と包丁を作っていますので切れ味の良い包丁となっております。

 昨今の刃先にだけ鋼をつけた包丁とは違い、包丁のすべてが鋼で作られていますので子供や孫の世代までも使い続けることの出来る包丁と思っています。

 

 

①6寸(約18㎝)大型の文化包丁:幅が広く男性向き

 

②6寸(約18㎝)中型の文化包丁:軽くて女性向き

 

③7寸(約21㎝)中型の文化包丁:長さがあり男性向き

刃渡り 値段(税込) 送料
①6寸(約18cm)大型 約4.7cm 11万

 紙箱(無料)

無料
②7寸(約21cm)中型 約3.7cm 7.7万
③6寸(約18cm)中型 約3.7cm 5.5万

 

 

限定の文化包丁

写真上から

②小包丁(1本のみ)

③小包丁(1本のみ)

④売約済み

小包丁 刃渡り 値段(税込み) 送料
 12.3cm  33cm 2.7万 紙箱(無料)  無料  
13.2cm 30cm 2.8万

※包丁には刀工祐定と銘を入れています。

※刀の製作に忙しいため以前製作していた刺身包丁、出刃包丁等は製作を中止しています。現在文化包丁のみの販売なっております。

※希望者には贈答用桐箱を5000円(税込み)でおつけします。

紙箱(無料)

 

 

桐箱(5000円)

 

 


日本刀包丁の取り扱い方


  • 冷凍された物や硬い動物の骨を切られた場合には刃が欠ける事があります。冷凍食品には冷凍包丁、硬い骨は出刃包丁等専用の包丁をお使いください。
  • 全て鋼製なので水をつけたまま放置すると錆が生じます。ご使用後は速やかに中性洗剤で包丁を洗浄、乾いた布巾等で水分を拭き取り保管して下さい。
  • 食品(オレンジ・そら豆・玉ねぎ等)の酸や酵素によって包丁表面が変色することがありますが、包丁はそのまま使用されても問題ありません。その包丁で切った食品を食べても体に問題はありません。変色が気になるようでしたら無料で研ぎ直し致します。
  • 食器乾燥機や食器洗浄機を使用されますと、熱膨張の違いで柄の部分が抜けることがあります。

包丁の研ぎ直しについて


包丁をご購入頂きましたお客様には、刀工が元気で仕事ができる間は無料で研ぎ直しさせて頂きます。

ただし往復の送料のみご負担ください。

 

[発送先住所]

 〒701-4271

 岡山県瀬戸内市長船町長船93

 上田 祐定

☎090-3377-2138

 

こちらまでお送りください。

 包丁と一緒にお客様のお名前・ご住所・電話番号、研ぎ直し希望と書いた紙を入れておいて下さい。

お願い


自分で研がれる場合は包丁の形が崩れる前に送って下さい。形が崩れた場合は直すのに手間と時間がかかるため、別途直し代を頂きます。他の業者に依頼され形が崩れた場合も同様にさせて頂きます。

ご注文の流れ


  1.  メールにてご注文の受付け。
  2.  仮予約として順番にお待ち頂きます。
  3.  製作開始前にメールにてご連絡いたしますので銀行にご入金ください。
  4.  ご入金後約2~4週間で完成・発送とさせて頂きます。

 〈銀行振込先〉

 中国銀行(ちゅうごくぎんこう)

 長船支店(おさふねしてん)

 (普通)1183611

 名義 上田 範仁(うえた のりひと)

日本刀包丁が出来るまで



※平成28年に閣議決定を以って中小企業庁より優良企業に認定されました。


お問い合わせ


プライバシーポリシーについてはこちらで確認してください。

メモ: * は入力必須項目です